デバイス設計メトリックとしてのスループットのシミュレーション

現代のアンテナは、高データレートの消費者の要求を満たすために MIMO 技術を利用しています。 そのため、1つのアンテナ設計を比較し、現実的なシナリオでデバイスのパフォーマンスをシミュレートする場合、スループットは必要なメトリックです。

従来 アンテナ設計 SISO およびダイバーシチアンテナのメトリクスには、S パラメータ、ゲイン、平均実効ゲイン、および効率が含まれます。 これらのメトリクスは、主にスタンドアロンアンテナのパフォーマンスを測定し、現在のアプリケーションに必要なインサイトを完全には提供しません。 高いデータレートを達成するためには、エンジニアはアンテナ設計とチャネルモデルを組み合わせ、スループットを計算する必要があります。 スループットは、アンテナが動作する環境のマルチパス動作を考慮しているため、より意味のあるメトリックです。 IMS 2018 からのこの MicroApps プレゼンテーションは、スループット・シミュレーションの最新の機能を示しています。

プレゼンテーションをダウンロード...