コロラド州ゴールデン付近の不規則地形における伝播予測

この例では、不規則な地形に対して完全に3次元の伝搬予測を提供するワイヤレス InSite の機能を示しています。

図1は、コロラド州ゴールデン付近の地形の3d 直交投影図を示しています。テレインは USGS デジタルテレインデータから読み取られました。垂直方向の表示は、水平方向の尺度に対して係数2で尺度変更されます。地形は約 3.3 x 4.1 キロの面積をカバーしています。

USGS データを読み取った後、無線 InSite を使用して、テレイン上に複数の送受信アンテナを配置しました。アンテナは、ローカル地形の15メートル上に位置する垂直偏光等方性アンテナです。送信アンテナの位置は緑のボックス、受信アンテナの位置は図2の赤いボックスとして表示されます。1回の回折と最大6つの反射を備えたワイヤレス InSite フル3d レイモデルを使用し、低振幅のレイを計算に含めることができるため、1 GHz のすべてのトランスミッタ/レシーバの組み合わせに対して計算が行われます。テレインファセットの数が多いため、この作業には数時間かかりました。

計算が完了した後、ユーザは任意のトランスミッタレシーバペア間の光線を表示することができます。図3は、送信アンテナ番号4と受信アンテナ番号3との間に見られる30本の光線を示している。

図1

図2

図3

ズームイン後のこれらの光線の別のビューを図4に示します。

ワイヤレス InSite は、パス損失、電界マグニチュード、パス遅延などのさまざまな出力を提供します。広範なマルチパスを使用するこれらの長いパスでは、さまざまに光線の遅延時間が重要になることがあります。無線 InSite は各光線および時間遅延の相対的な力を示す各送信機レシーバの対のための衝動応答を提供する。図3および4に示されているレイパスについて、インパルス応答は、1 GHz については Figure 5 に示されています。

[ワイヤレス InSite はレイパスを保存するため、レイパスを変更しないパラメータを変更した場合の効果がすぐに計算されます。たとえば、同じテレインおよびトランスミッタ/レシーバアンテナの位置に対して新しい計算を行いますが、1 GHz ではなく 100 MHz ではわずか数秒かかります。同一ペアのアンテナに対して 100 MHz で対応するインパルス応答を図6に示します。予想通り、遅延の長いマルチパスレイは、1 GHz よりも 100 MHz で比較的高い振幅を持ちます。

図4

図5

図6