«ワイヤレス InSite の機能に戻る

フィーチャのインポート

ワイヤレス InSite の機能は、都市、オブジェクト、地形や葉です。各オブジェクトのインポートでは、さまざまなファイル形式がサポートされています。


都市

dxf (dxf) およびシェープファイル (* shp) は、都市のジオメトリのインポートを構築するためにサポートされています。データの構築には、緯度/経度、UTM またはデカルト座標を使用できます。ワイヤレス InSite にインポートした後、各建物に材料特性を割り当てることができます。フロアプランは、DXF 形式でインポートすることができます。


オブジェクト

kmz (kmz) および COLLADA (dae) ジオメトリファイルは、通常、オブジェクトとしてインポートされるように設計されています。これらの形式は、多くの3d デジタルコンテンツ作成 (DCC) ツールと3d 地理情報システム (GIS) ツールでサポートされている国際規格です。ユーザーは、高解像度の建物、家具、床などの単一の構造をシーンに追加するために、KMZ と DAE をインポートすることができます。
 


地形

ワイヤレス InSite は、地理空間抽象化ライブラリ (GDAL) と統合されており、DTED、dem、日本語 dem、SDTS dem、ASCII グリッド UTM、TIFF、BigTiff、および GeoTiff 形式をサポートしています。Remcom の開発チームによって検証された GDAL 形式に加えて、ユーザーはインポート用に100以上の追加 GDAL ファイル形式にアクセスできます。 


Geo 参照された樹木情報は、陸上プロセス分散アクティブアーカイブセンター (LPDAAC) からダウンロード可能なグローバル土地被覆特性 (GLCC) データベースのデータからインポートすることができます。このデータベースには、1x1 km の解像度を持つ、季節の土地被覆地域 (SLCR) に関する情報があります。