コンテンツへスキップ

3D電磁界シミュレーション用XFdtd®ソフトウェア

XFdtd® 3D電磁場シミュレーション・ソフトウェアは、開発期間を短縮し、製品をより早く市場に投入するための強力なツールをエンジニアに提供します。

XF_RLD_Beamforming_Array_Transparent

 

XFdtd-周波数

周波数領域回路ソルバーと回路図エディター

マッチングネットワークまたは企業フィードネットワークを構築し、全波の結果に与える影響を確認する。

続きを読む
高性能コンピューティング・オプション

ハイパフォーマンス・コンピューティング・オプション

最新のハイパフォーマンス・コンピューティング技術を使って、電磁界シミュレーションのパフォーマンスを向上させます。

続きを読む
GPUアクセラレーション

XStream® GPUアクセラレーション

GPUによるEMシミュレーション・アクセラレーションを内蔵。GPUクラスタ用のMPIテクノロジーとの組み合わせ。

続きを読む
5Gアンテナ・アレイのシミュレーションと解析

5Gアレイ分析

アンテナ・アレイの放射特性とビーム・ステアリング特性を最適化するXFのツールで、5Gデバイスの性能を最大限に引き出します。

続きを読む
EM重ね合わせシミュレーション

重ね合わせ

1回のシミュレーションでポート位相の組み合わせを素早く解析。

続きを読む
導波管-励起

導波管励振

XFdtdは、モーダルおよびノーダル導波管インターフェースを提供します。

続きを読む
チップ部品

過渡電磁界/回路コ・シミュレーション

SPICEベースの回路ソルバーと全波FDTDソルバーが同時に計算される。

続きを読む
誘電破壊予測シミュレーション

絶縁破壊予測

XFのESDテスト・シミュレーション・ツールを使って、絶縁破壊の危険な箇所を予測できます。

続きを読む
サーキット・エレメント・オプティマイザー

回路素子オプティマイザ

EMシミュレーションメッシュに直接接続された集中回路素子の最適値を決定します。

続きを読む
ホイヘンス・サーフェス

ホイヘンス・サーフェス

XFdtd以外で使用するアンテナ放射特性を正確に転送します。

続きを読む
ラッピング-フレキシブルプリント基板と2Dシート

フレキシブルPCBと2Dシートのラッピング

多層フレキシブルPCBデザインを1ステップでフォームにラッピングしたり、シートを任意の形状の表面にラッピングできます。

続きを読む
Optenniラボの統合

Optenniラボの統合

デバイスにマッチしたネットワーク・トポロジーと初期コンポーネント値を簡単に生成できます。

続きを読む
PrOGrid-プロジェクト最適化グリッディング

PrOGrid Project Optimized Gridding® (プロジェクト最適化グリッディング)

プロジェクトの複数の側面を考慮し、グリッドの精度と実行時間の両方を最適化することで、グリッド作成を簡素化します。

続きを読む
XACT-アキュレート・セル・テクノロジー

XACT Accurate Cell Technology® (アキュレイト・セル・テクノロジー

最も複雑な設計を少ない計算リソースで解決し、より高速で正確なシミュレーションを実現します。

Read More
MATLAB-エクスポート機能

MATLABエクスポート機能

XFのResult Browserで利用可能なすべてのデータは、MATLABやCSV形式にエクスポートすることができます。

続きを読む
生物熱センサー

生体熱センサー

バイオメディカル分析では、金属やその他の非生物学的物体を温度上昇計算に含めることができます。

続きを読む
ヴァリポーズ-バイオロジカル-メッシュ-リポジショニング

バリポーズ

MRIや携帯電話などの通信機器を含む生体電磁アプリケーション用に、人間の生体メッシュを再配置する。

続きを読む
ポーズ可能な手

ポーズ可能な手

モバイル機器の設計では、XFは数多くのモバイル機器のグリップを模倣することができる。

続きを読む
簡易ワークフロー

簡素化されたワークフロー

XFは、時間のかかる冗長な作業を排除することで、ワークフローを合理化します。

続きを読む
結果とアウトプット
ダイナミック・インタラクティブ・グラフ
パワフルでフレキシブルなモデリング

パワフルでフレキシブルなモデリング

モデリングに時間をかけず、結果を出すことにもっと時間をかけよう。

続きを読む
カスタムスクリプト機能

カスタム・スクリプト機能

XFでは、強力なスクリプトAPIを使用して独自のカスタム機能を作成できます。

続きを読む
どこでもパラメータ

どこでもパラメータ

XFでは、パラメータ化により、シミュレーションをより自由にコントロールできます。

続きを読む
高速インテリジェント・メッシング

高速インテリジェント・メッシング

XFは、より少ない作業で、より正確で効率的なメッシュの生成を容易にします。

続きを読む
5G MIMOイメージ

5G MIMO

レムコムのEMシミュレーションソフトウェアは、システムおよびMIMOアンテナの設計から、現実的なシミュレーション環境での性能評価、5Gネットワークへの展開計画まで、完全な5Gソリューションを提供します。 当社の使命は、お客様が現実の世界でシステムがどのように動作するかを確実に予測できるよう、正確なソリューションを提供することです。

5G MIMO
アンテナ設計イメージ

アンテナ設計

アンテナ技術は、産業界の高まる要求に応えるため、常に進歩しています。 同様に、Remcomは、エンジニアのプロセスにマッチし、デバイス設計要件を満たすのに役立つアンテナシミュレーションソフトウェアを提供するために、歩調を合わせてきました。

アンテナ設計
アンテナ配置イメージ

アンテナ配置

Remcomのアンテナモデリングソフトウェアツールは、ほとんどのアプリケーションにおいてアンテナの適切な設計と配置を保証します。Remcomのシミュレーションツールは、単独で、または組み合わせて使用することで、アンテナの性能を完全に解析することができます。

アンテナ配置
モバイル端末イメージ

モバイル機器

今日の複雑なモバイル機器を設計する場合、精度が重要であり、エンジニアはデバイス効率とシミュレーション結果の不一致を許容することはできません。 Remcomのユーザーは、電磁界シミュレーションの結果と比較して、デバイス効率に0.5dB以下の差しかありません。

モバイル機器
自動車レーダー画像

自動車用レーダー

シミュレーション技術は、死角検出(BSD)や車線変更支援(LCA)を含む24GHzおよび77GHz車載レーダーセンサのより厳しい設計要件を満たすために進歩しています。Remcomはセンサ設計からドライブテストシナリオまで統合されたアプローチを提供します。

自動車用レーダー
ESD試験イメージ

ESD試験

XFdtdの静電気放電試験シミュレーションを活用することで、エンジニアはESD損傷の影響を受けやすい場所を特定し、製品開発のコンセプトおよび設計段階でESD緩和を最適化することができます。

ESD試験
メタマテリアル・イメージ

メタマテリアル

XFは、負指数材料、電子バンドギャップ構造、周波数選択性表面を含むメタマテリアルを含むデバイスのシミュレーションをサポートしています。周波数依存モデル、異方性材料、フェライト材料などの特殊材料や、FDTD法の計算拡張もサポートしています。

メタマテリアル
マイクロ波イメージ

電子レンジ

レムコムのXFdtdソフトウェアは、あらゆるマイクロ波デバイスの設計や解析タスクに適しています。 、導波管、、、、、ー分波管、ー分波管ーフィルターーフィルターーフィルターーフィルターーフィルターーフィルターーフィルターーフィルター

電子レンジ
タッチスクリーンの静電容量イメージ

タッチスクリーンの静電容量

静電容量式センサーは、スマートフォン、タブレット、コンピュータ画面、音楽プレーヤー、コンピュータのタッチパッドなどの画面上で指やスタイラスの位置を検出するタッチスクリーンとして一般的に使用されています。XFdtdは複雑なセンサー設計の静電容量を計算するため、設計者はプロトタイプを作成することなく、ニーズに最適な形状を選択できます。

タッチスクリーンの静電容量
医用画像

バイオメディカル

レムコムのEMシミュレーションツールは、コストのかかるプロトタイピングの前に、デバイスの性能を現実的にシミュレーションできるため、設計と認証のプロセスをスピードアップします。解析オプションは、チューニングのようなデバイス指向と、SARを含む生体相互作用関連の両方があります。CADベースのSAMファントムに加え、リアルな人体モデルも用意されています。

バイオメディカル

XFdtd ドキュメントと学習リソース

 

XFdtdの機能

 以下の機能はXFdtdで利用可能ですが、ProおよびMIMOバージョンに限定されるものもあります。
その他の機能に関する情報、または特定のニーズについては、弊社までお問い合わせください。

XFの主な機能
  • 周波数領域回路ソルバーと回路図エディター

  • NVIDIAのCUDAアーキテクチャを使用したXStream GPUアクセラレーション

  • GPUクラスタ用XStream + メッセージ・パッシング・インターフェイス(MPI)

  • ラップフレキシブルPCB

  • 回路素子オプティマイザ

  • 重ね合わせ

  • アレイの最適化

  • PrOGridプロジェクト グリッド最適化

  • XACTアキュレイトセルテクノロジー

  • XTend スクリプトライブラリ

  • 無制限メモリー

  • 部品、ソース、材料などを含むユーザー定義ライブラリ

  • 完全パラメータ化

  • エディタ内蔵のスクリプティング・インターフェイス

  • マクロ

  • 導波管インターフェイス

  • カスタム・プロジェクト・テンプレート

  • フィーチャーベースのモデリング

  • ライブアップデートの結果

  • ESD故障

  • 統合されたメッシュ/CADビューイング

  • センサーによる体積/表面磁場の節約

  • 柔軟なカスタマイズが可能なプロジェクトツリー

  • シミュレーション・キュー

  • 外部キュー統合(EQI)

  • インタラクティブなグラフ操作

  • フィードバックによるリアルタイムのエラーチェック

  • 自動メッシュ定点検出

  • WindowsとLinuxのネイティブ・マルチプラットフォームUI

材料
  • 分散材料計算機

  • 時間依存材料

  • 350以上の材料定義を含む材料データベース

  • 電気的/磁気的に斜めに異方性

  • 誘電体/磁性体

  • 周波数依存の誘電/磁性

  • 異方性磁化フェライト

  • 異方性誘電体(フルテンソル)

  • 非線形の誘電/磁性

  • 異なる半径の細いワイヤー

  • 金属の表面粗さ

  • 誘電破壊

ファーゾーンの結果
  • トランジェント・ファーゾーン - 特定の角度

  • 定常状態の3Dファーゾーン・パターン

  • ルートヴィヒと軸比偏光の結果

  • レーダー断面積

  • 高度なアンテナパターン解析/グランドプレーン上のアンテナ

  • E_phiとE_θの独立したPDFを含むアンテナの多様性

  • 円偏光

ソース/ロード/ポート
  • 静電ソルバー

  • 導波管インターフェイス - モーダルとノーダルの両方

  • 直列、並列、RL並列Cレイアウトのパッシブ負荷

  • SPICEネットリストファイルに基づく受動線形および非線形負荷

  • 1つのシミュレーションで複数の加振タイプを使用可能

  • 任意の時間領域波形

  • 関心のある周波数範囲に基づく自動波形

  • 直列/並列RLC付き電圧/電流源

  • SPICEネットリストファイルに基づくマッチングネットワークによる電圧/電流ソース

  • 非線形コンデンサ

  • 時間制御オン・オフスイッチ

  • ダイオード

  • 光導電性半導体スイッチ

  • 直線偏波、円偏波、楕円偏波の入射平面波 - 全偏波と散乱波の両方

  • ガウシアンビーム

  • 各ソースごとにタイムディレイを指定する

加速オプション
  • 単一または複数のGPUにNVIDIAのCUDAアーキテクチャを使用したXStream GPUアクセラレーション

  • GPUクラスタ用XStream + メッセージ・パッシング・インターフェイス(MPI)

  • MPIマルチプロセッサ(分散メモリクラスタ)

  • 無制限コアのマルチプロセッサ・スレッディング

  • 外部キュー統合(EQI)

  • GPUメモリの故障検出

ジオメトリ生成
  • 3Dソリッドモデラー

  • 制約条件付き2Dスケッチャー

  • フィーチャーベースのモデリング

  • ハンドヘルド機器をグリップするポーザブル・ハンド

  • 任意押出、回転、シート、ワイヤーボディ

  • 作成およびインポートされたジオメトリの複雑なジオメトリ修正:

    • ラップ

    • ブーリアン

    • エッジの面取り

    • エッジをブレンドする

    • シェル固形物

    • 顔の除去

    • オフセット面とシートエッジ

    • 穴の除去

    • 増粘シート

    • ロフト

    • ストレッチ

    • ツイスト

    • スライス

    • ソリッド形状を曲げる

    • シートを投影する

    • スケール/回転/回転/反射/せん断

    • 線形と円形パターン

  • 原始的な幾何学図形:

    • スフィア

    • シリンダー

    • コーン

    • キューボイド

    • トーラス

    • ピラミッド

    • プリズム

    • フルスタム

    • ヘリックス

  • ジオメトリを簡単に再配置するロケータ

  • 内部構造を明らかにする切断面

特別な機能/オプション
  • 周期的外側境界条件

  • DFTによる複数の周波数での正弦波の結果

  • 正弦波結果のスケーリング

  • 遅延オプションによる自動収束

  • 材料、回路部品の定義、暗号化、形状

  • ホイヘンス地表センサー

CADインポート/エクスポート
  • 任意のラップでODB++ PCBファイルをインポート

  • 任意のラップでBRD PCBファイルをインポート

  • 任意のクロップでODB++ PCBファイルをインポート

  • 任意のクロップでBRD PCBファイルをインポート

  • ポーズ可能な手のインポート

  • SAT/SABファイルのインポート

  • DXFファイルのインポート

  • VDA-FSファイルのインポート

  • STLファイルのインポート

  • STEPファイルのインポート

  • IGESファイルのインポート

  • Pro-Eファイルのインポート

  • CATIA V4およびV5ファイルのインポート

  • Inventor ファイルのインポート

  • SATファイルへのエクスポート

  • STEPファイルへのエクスポート

  • IGESファイルへのエクスポート

  • CATIAファイルへのエクスポート

  • STLファイルへのエクスポート

  • DXFファイルへのエクスポート

  • インポートしたCADオブジェクトの編集

  • CAD マージ:ジオメトリの更新をインポートする際の以前の修正の保持

グラフィカル出力
  • 散逸電力密度

  • ニアゾーンフィールド/電流対時間

  • インピーダンス、Sパラメータ対周波数、VSWR、アクティブVSWR

  • ポーラ・プロット・アンテナ・パターン

  • スミスチャートのインピーダンス・プロット

  • トランジェント結果のFFT

  • グループ・ディレイ出力タイプ

  • 時間領域反射率(TDR)および時間領域透過率(TDT)出力タイプ

  • 定常状態のファーゾーン結果の累積分布関数(CDF)

メッシュ/ビューイング
  • 誘電体体積平均化

  • XACTアキュレイトセルテクノロジー

  • 高速メッシュ生成アルゴリズム(FMA)

  • クロップド3Dメッシュ

  • メッシュパラメータの自動/手動制御

  • 適応メッシュ

  • 高速3Dメッシュ表示

  • マルチスレッドメッシング

  • メッシュ内でオブジェクトが接触しないようにする

離散度数統計
  • 放射効率

  • システム効率

  • 消費電力

  • 部品損失

  • 正味入力電力

  • 正味利用可能電力

  • 単独での放射効率

ビジュアル出力
  • 入力ジオメトリで表示される出力の平面、曲面、体積

  • 散逸電力密度に加え、E/H/B、伝導電流、表面電流、回転B近傍磁場

  • E、利得、実現利得、軸比、レーダー断面積、実効等方放射電力(EIRP)の3D遠方界パターン

  • 補聴器適合性、SAR、MR送信効率、およそのMR画像出力

  • 生物学的温度上昇

  • 温度分布:初期、最終、温度上昇

  • E、H、ホイヘンス面のパワー密度

出力エクスポート
  • 動画 (*.avi): 平面および体積フィールドシーケンス

  • MATLAB:すべてのデータをエクスポート可能

  • カンマ区切り値ファイル(*.csv):すべてのデータをエクスポート可能

  • Optenni:Sパラメータと効率

  • タッチストーンファイル(*.s2pなど):Sパラメータ

  • CITIファイルSパラメータ

  • ホイヘンス面

生物学的特徴
  • 比吸収率(SAR)

  • 生体熱センサー

  • 鳥かごツール

  • MR送信効率(S/N比に比例)

  • 近似MR画像

  • B1+/B1-フィールド

  • 複数のシミュレーションによるSARの合成結果

  • 1グラムと10グラムのSAR平均値を計算する

  • 全身SAR平均

  • ピークSARの位置

  • 指定された入力電力または電流に対してSARレベルを調整

  • カラー表示のためのSARの平面

  • SAMヘッドCADファイル

  • 補聴器の互換性(HAC)

  • さまざまな解像度の頭部と胴体のメッシュ

  • 周波数依存の身体組織パラメータ

  • VariPose®によるボディメッシュの再配置

  • ICRP、NICT、Virtual Populationのボクセルモデルに対応

  • インポートされたすべてのボクセルタイプに正しい生物学的材料を自動的に割り当てる

  • SAR統計報告(質量、散逸電力、地域間の平均SAR)

  • 電力密度

回路図
  • 回路図エディタ

  • コンポーネント値の最適化

  • チューニング・スライダーを備えた解析ワークベンチ

  • コンポーネント

    • サブサーキット

    • 電圧源

    • 抵抗器

    • インダクタ、理想および損失性

    • コンデンサ、理想的で損失が大きい

    • スイッチ

    • フェーズシフター

    • ネットリスト

    • SnPブロック

    • FDTDブロック

    • 理想的な送電線

    • マイクロストリップ伝送線路

    • マイクロストリップ・ティー

    • マイクロストリップベンド

    • マイクロストリップステップ

    • コプレーナ導波管

    • 接地コプレーナー導波管

  • 動作モード

  • マルチポート&マルチステート・デバイス

  • 回路ソルバー

  • 回路図を全波結果に適用する能力

バージョン

XFdtdバージョン比較

スタンダード
プロフェッショナル
マイモ
HPCトークン(ワークステーション)
1
2
4
3D CADモデリング
パラメータ化とスクリプティング
CADおよびPCBインポート
XACT Accurate Cell Technology® (アキュレイト・セル・テクノロジー
静電ソルバー(ESS)
比吸収率(SAR)
パワー密度
生体熱センサー
VariPose® メッシュの再配置
鳥かごツール
回路図エディター
重ね合わせ
アレイの最適化
回路素子の最適化

XFdtd システム要件

システム要件

最低限
おすすめ
上級
プロセッサー
クアッドコア・インテルi3
クアッドコア・インテルi7以上
デュアル・インテルXeon 8コア・プロセッサー
RAM
8 GB
32 GB
64 GB以上
Display (Requires OpenGL Compatible Adapter)
解像度1600x900
解像度1920x1080
1920x1080 (or better) resolution
響いてのいて
コンピューティング能力2.0以上のNVIDIA CUDA対応GPUカード
NVIDIA Tesla P100
NVIDIA Tesla V100
ハードディスク容量
250 GB
2 TB
5TB以上

1.ー具体的なー詳細についてはーNVIDIAのーウェブサイトhttps://www.nvidia.com/en-us/data-center/data-center-gpus/

GUI - 対応プラットフォーム:

  • Microsoft Windows 10および11、64ビット
  • Red Hat Enterprise Linux 7、Ubuntu 18、64ビット(および互換システム)

計算エンジン - 対応プラットフォーム:

  • Microsoft Windows 10および11、64ビット
  • Red Hat Enterprise Linux 7、Ubuntu 18、64ビット(および互換システム)
  • その他のプラットフォームについてはお問い合わせください。

MPIモジュールは以下のプラットフォームで利用可能です:

  • Red Hat Enterprise Linux 7、Ubuntu 18、64ビット(および互換システム)でのOpen MPI
  • その他のプラットフォームについてはお問い合わせください。

NVIDIA Cloud Validated

  • NVIDIA Cloud Validated機能をフルに活用するには、NVIDIA GPU Operator 23.3.2以降が必要です。
  • NVIDIA Cloud Validated機能をフルに活用するには、NVIDIA Driver 450またはそれ以降が必要です。

© 2023 NVIDIAおよびNVIDIAロゴは、米国およびその他の国におけるNVIDIA Corporationの商標および/または登録商標です。

 

XFdtdリファレンス

以下は、著者の研究にレムコムのソフトウェアが使用された科学技術論文のリストです。 発表の要旨の抜粋と、オリジナルの発表内容へのサイト外リンクが含まれています。

28GHzミリ波曝露による熱感覚の閾値とその信頼性

第5世代無線通信システムの世界的な普及により、28GHz帯ミリ波の応用が広がっている。その熱効果は、ミリ波にさらされた身体部分に痛みや組織損傷を引き起こす可能性のある支配的な要因である。しかし、この熱感覚の閾値、すなわち、ミリ波の熱影響に対する最初の主観的反応が生じる皮膚温度のベースラインからの変化の程度は、依然として不明である。ここでは、ミリ波に曝露したときの熱感覚の閾値を調べ、その信頼性を評価した。健康な成人20人を対象に、左手中指の指先に28GHzのミリ波を5段階のアンテナ入力電力(0.2、1.1、1.6、2.1、3.4W)で照射した(入射電力密度:27-399mW/cm22).この測定セッションは、閾値の信頼性を評価するために同日に2回繰り返された。クラス内相関係数(ICC)とBland-Altman分析が、それぞれ相対的信頼性と絶対的信頼性の指標として用いられた。また、各暴露レベルにおいて、2回のセッション中に感覚を知覚した参加者の数を知覚率としてカウントした。平均熱感覚閾値は、126-399 mW/cm2の条件では0.9℃-1.0℃以内であったが、27 mW/cm2条件では0.2℃であった。27mW/cm2と126mW/cm2の閾値のICCは、0.9℃-1.0℃以内であった。2の閾値のICCは、それぞれ不良とまずまずと解釈された。191 mW/cm2条件における比例的な偏りを除けば、固定的な偏りは見られなかった。参加者全員が399 mW/cm2で知覚し、知覚率は曝露レベルが低くなるにつれて徐々に低下した。重要なことは、参加者の3分の2が、両方のセッションまたは片方のセッションで27 mW/cm2では、低温にもかかわらず、参加者の3分の2が熱 感を感じたと回答した。これらの結果から、熱 感覚の閾値は1.0℃前後であり、曝露レベ ルを問わず一貫していることが示唆される。さらに、人間の知覚の性質上、熱感覚の知覚は本質的に曖昧である可能性がある。

リファレンスを見る

7Tでの平行送信腹部イメージングにおける比吸収率に及ぼす被検体形状、呼吸、コイルの再配置の変動の影響

7Tのパラレル・トランスミッションMRIが研究プロジェクトで採用されることが多くなり、S/N比の向上と新しいコントラストが得られるようになった。しかし、安全なスキャンを行うためには、体内での磁場の相互作用を注意深く考慮する必要がある。最近の物理的に柔軟なボディコイルの進歩により、高磁場での腹部撮影が可能になったが、エネルギー沈着に対する変動性の増大の影響についてはさらなる検討が必要である。本研究の目的は、被験者の形状、呼吸位相、コイルの位置が比吸収率(SAR)に及ぼす影響を評価することである。10人の健康な被験者(体格指数[BMI]=25±5kg m-2)を呼気息止め中にスキャンし(3T)、画像を用いて身体モデルを作成した。これらの被験者のうち7人は吸気時にもスキャンされた。まずコイルと身体モデルの簡略化を検討し、次に典型的な8チャンネル平行送信コイルを腹部に配置して有限差分時間領域シミュレーションを実行した。シミュレーションは、10万回の位相設定にわたって10g平均SAR(SAR10g)マップを生成するために使用され、最悪のシナリオの10g平均SAR(wocSAR10g)は、三角測量の最大化を使用して特定された。チャンネルあたり1Wの入力電力で10人の被験者の平均最大SAR10gは1.77W kg-1であった。ホットスポットは常に筋壁境界付近の体表面近くにあった。10人の被験者のwocSAR10gは2.3~3.2W kg-1の範囲であり、脂肪体積率(R = 8)およびBMI(R = 0.6)と逆相関していた。被験者の形状、呼吸位相、現実的なコイルの再配置のばらつきによるSAR10gの変動係数は、それぞれ12%、4%、12%であった。本研究により、現実的なコイルリポジショニングによる変動は、腹部撮像における健常被検者ジオメトリの違いによる変動と同様であることがわかった。このことは、腹部撮影の安全な閾値を設定する上で、個々人のモデル化よりも集団ベースのモデル化の方が有用である可能性が高いことを示唆しており、重要である。

リファレンスを見る

1.5T磁気共鳴イメージング用デュアルチャンネル横磁場高周波コイル

この理論的研究は、1.5 T磁気共鳴イメージング(MRI)用の新しいデュアルチャンネル横磁場高周波(RF)表面コイルの設計と解析的/数値的最適化を提示する。この研究では、RFコイルの空間的な向きを揃えた2つのチャンネルを一列に並べた平面的なセットアップを検討し、シングルチャンネル横磁場RFコイルの設計上の一般的な欠点である、RF磁場方向に沿った視野(FOV)の減少を解決することを目指している。この設計における重要な課題は、相互干渉を防ぐために2組の横磁場RFコイルを効率的にデカップリングすることである。我々のモデリングアプローチは、細線理論モデリング、ストリップ導体コイルの静磁場計算、および全波電磁気シミュレーションを統合したものである。64MHzにおける主な結果は、2チャンネルRFコイル間の戦略的な幾何学的配置と、個々のRFコイルの設計における幾何学的非対称性の導入が、相互インダクタンスを最小化し、効果的なデュアルチャンネルMRIアプリケーションへの道を開くことを示している。このデカップリングアプローチにより、FOVを向上させることができ、最適化されたデュアルチャンネル横磁場RFコイル構成を開発するための理論的枠組みを提供する。現在の設計は、64MHz(1H、1.5T)での全波数値研究によって検証され、より低い周波数またはより高い周波数で拡張される可能性があり、後者の場合には損失性サンプルの存在を考慮する必要がある。

リファレンスを見る

ドライアイに対するミリ波およびテラヘルツ放射の影響:XFdtdを用いた有限差分時間領域(FDTD)計算シミュレーション

RF放射線の角膜への健康影響を調べることの重要性は、いくら強調してもしすぎることはない。本研究は、ミリ波(mmW)およびテラヘルツ(THz)波の角膜による吸収を、正常および病的状態の両方を考慮した数理シミュレーションによって調べることで、この必要性に対処することを目的とした。

XFdtdを用いた有限差分時間領域(FDTD)計算シミュレーション。Sensors.2023; 23(13):5853. 

リファレンスを見る

開閉装置における部分放電電磁波信号の近傍界伝搬特性に関する研究

本論文の内容は、著者らのこれまでの研究の続編である。部分放電検出用近接場磁界プローブの開閉器内における合理的な配置を実現するため、部分放電により発生する電磁波信号の近接場伝搬特性に及ぼす開閉器内部構造の影響をシミュレーション解析し、開閉器内における近接場プローブの設置位置を決定する。まず、開閉器の異なる媒質における電磁波信号の伝搬特性を解析し、開閉器モデルを構築する。次に、有限差分時間領域法に基づいて、部分放電電磁波信号の近接場伝播に対する開閉器内のさまざまなデバイスの影響をシミュレーションした。シミュレーションの結果、変流器、碍子、母線、キャビネットはすべて、部分放電により発生する近接場電磁波信号の振幅を明らかに減衰させ、碍子は明らかな信号歪みを引き起こすことがわかった。最終的に、近接場プローブは開閉器の底板近くの内壁または右壁に設置することが可能であると判断された。

スイッチギアにおける部分放電電磁波信号の近接場伝搬特性に関する研究。Energies.2023; 16(8):3372. 

リファレンスを見る

PEDOTポリマー電極の磁気共鳴イメージングおよび気候チャンバー内長期試験における物理的挙動

PEDOTポリマー電極は、アクリレート(歯科用複合材料)と導電性ポリマーであるポリスチレンスルホン酸ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン)(PEDOT:PSS)からなる、金属を含まない電極である。電極はゲルとして皮膚に塗布され、皮膚との導電性結合を達成するために青色光で10~20秒間硬化される。この電極は、繊維の骨格とPEDOT:PSSからなるポリマーケーブルと組み合わせて使用される。この新しいタイプの電極とケーブルをさまざまな条件下でテストするために、我々は2つのストレステストを設計した。強磁場(3テスラ)内での物理的挙動を調べるため、PEDOTポリマー電極を磁気共鳴断層撮影装置内のアガロース頭部ファントムに取り付け、画像シーケンスを行った。可能性のある加熱効果を測定するため、MRIに安全な温度センサーを近くに設置した。金属ケーブルと比較して、電極を導電性繊維ケーブルと組み合わせて使用した場合、温度上昇はほとんど観察されなかった。さらに、この電極は連続4日間、気候室内で安定したインピーダンス値を示した。これらの結果は、PEDOTポリマー電極をMRI中の生体信号記録電極として、特に心臓MRIや機能的MRIと組み合わせた脳波計(EEG-fMRI)用に試験する道を開くものである。

PEDOTポリマー電極の磁気共鳴イメージングおよび気候チャンバー内での長期試験における物理的挙動。Sci Rep13, 5826 (2023). 

リファレンスを見る

人間の頭部における電磁波吸収:深層学習モデルに基づく仮想センサー

本論文では、Deep-Learningを利用した人体における電磁波吸収の代理モデルを提案する。特に、有限差分時間領域解析のデータ群から、周波数3.5GHzにおける人体頭部断面領域の平均および最大パワー密度を復元する観点から、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の学習が可能である。開発された方法により、頭部全体と眼球領域の平均および最大パワー密度を迅速に決定することができる。この方法で得られた結果は、マクスウェル方程式に基づく方法で得られた結果と同様である。

Di Barba P, Januszkiewicz Ł, Kawecki J, Mognaschi ME.人間の頭部における電磁波吸収:深層学習モデルに基づく仮想センサー。Sensors.2023; 23(6):3131. 

リファレンスを見る

0.45THzにおける汗管と毛髪のFDTDシミュレーション

テラヘルツ電磁波(THz)製造技術の進歩により、応用の可能性を探ることへの関心が高まっている。新たな応用により、人間とテラヘルツ放射との偶発的な相互作用が増加することは避けられない。THz放射の波長は、毛髪や汗管などの皮膚構造の寸法と同じオーダーであることから、これらの構造間の相互作用の可能性が注目されている。この相互作用を、0.45THzの遠視野励起を用いた有限差分時間領域(FDTD)シミュレーションを用いて研究した。アンテナのような効果は検出されなかった。毛髪と汗管の両方で、反応性近接場効果による比吸収率(SAR)の増加領域が、それぞれ0.01-0.05mmと0.001-0.002mmのオーダーで見つかった。巻かれていない汗管を用いたシミュレーションでは、らせん構造と同じ透過パターンが得られ、らせん構造が皮膚におけるTHz放射の伝播に影響を与えないことが示された。

Vilagosh Z, Foroughimehr N, Lajevardipour A, Wood AW.0.45THzにおける汗管と毛髪のFDTDシミュレーション。Dermato.2023; 3(1):69-84. 

リファレンスを見る

受信機選択アルゴリズムと改良型カプセルアンテナを用いた無線カプセル内視鏡のローカライゼーション

ワイヤレスカプセル内視鏡は、医療診断に使用するために、ヒトの消化管の画像をキャプチャして送信する。カプセルの局在化により、検査中に検出された病変部を正確に特定することが可能になる。アンテナは内視鏡カプセルの重要な要素であり、消化器官内部の記録画像を含む信号の送信に使用される。アンテナのパラメータは、受信信号の解析に基づいてカプセル内視鏡の位置を特定するアルゴリズムの性能にも影響します。本論文では、内視鏡カプセル用のジグザグコンフォーマルアンテナを紹介する。ー内視鏡カプセル用ジグザグコンフォーマルアンテナ(ー内視鏡カプセル用ジグザグコンフォーマルアンテナ。次に、受信信号の位相差解析に基づく改良型定位システムに適用する。この新しいアプローチでは、アルゴリズムはあらかじめ定義されたセットから5つの外部受信機を選択し、人体モデルの誘電率の適応的推定を使用する。生体の生体モデル比誘電率の生体の生体モデル比誘電率の生体モデル比誘電率の生体モデル比誘電率。シミュレーションにはRemcom XFdtdソフトウェアと、単純化した人体モデルと異種人体モデルの両方を適用した。提案されたアンテナと共に外部受信機の自動選択を使用する技術は、このアルゴリズムの前バージョンと比較して、ローカライゼーションの精度を約15%向上させた。

ーOleksy P, Januszkiewicz Ł.受信機選択アルゴリズムと修正カプセルアンテナを用いた無線カプセル内視鏡のローカライゼーション。Electronics.2023; 12(4):784. 

リファレンスを見る

Eye Shielding against Electromagnetic Radiation:生体の害を生を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害を生害の

本稿では、3.5GHz帯で動作する第5世代送信機からの電磁界を遮蔽する構造の設計プロセスを紹介する。このプロジェクトの目的は、アイ領域における電力密度の制限である。このため、構造体は導電性ワイヤーを格子状にしたもので、光に対して半透明である。設計は、有限差分時間領域法と進化論に基づく最適化手法によるコンピュータ・シミュレーションを用いて行われた。シミュレーションに要する時間を短縮するため、顔と目の簡略化したモデルを開発した。ここで示した遮蔽構造の構造は、保護ゴーグルの形で簡単に製作することができる。コンピュータ・シミュレーションの結果、目の領域におけるパワー密度は、遮蔽しない場合と比較してほぼ7分の1に低減できることが示された。

Kawecki J, Januszkiewicz Ł, Di Barba P, Kropidłowski K. 電磁放射線に対する目の遮蔽:頭部の縮小モデルを用いた最適設計。Electronics.2023; 12(2):291. 

リファレンスを見る

低磁場(0.18~0.55T)磁気共鳴スキャナ用高周波コイル:研究室と製造企業の協力による経験

この論文では、電気的パラメータ(導体形状やコンデンサの品質など)の選択が、品質係数Q、無負荷Qと負荷Qの比、コイル感度の観点から、コイルの全体的な性能にどのように影響するかを説明する。続いて、0.18~0.55 Tの磁気共鳴(MR)臨床スキャナ用RFコイルの設計、製作、試験の分野で、MR製造会社と協力して、当電磁研究所で実施した研究を、サーフェス型、ボリューム型、フェーズドアレイ型コイルに分類して要約する。

Giovannetti G, Frijia F, Flori A. 低磁場(0.18-0.55T)磁気共鳴スキャナー用高周波コイル:研究室と製造会社の協力による経験。Electronics.2022; 11(24):4233. 

リファレンスを見る

30GHz以上のミリ波放射に曝されたヒト角膜の有限差分時間領域計算シミュレーションにおけるベースセルサイズの設定の影響

本研究では、30GHzから100GHzの範囲の電磁波と、非常に敏感な人間の角膜の相互作用を用い、異なるメッシュサイズを使用した場合のFDTD計算シミュレーションシステムの精度の変化を実証した。ベースセルサイズの仕様の異なるアプローチを比較した。計算の精度は、点センサーで収集した電界の絶対値だけでなく、電界分布の詳細を示す平面センサーを適用することによって決定される。ベースセルサイズを手動で定義することにより、モデルサイズが小さくなり、計算時間も短縮できることがわかった。しかし、計算の精度は予測できない形で低下する。その結果、計算時間を最小化するためには、クラウドコンピューティングの利用が重要な役割を果たすことが示された。

Foroughimehr N, Vilagosh Z, Yavari A, Wood A. The Impact of Base Cell Size Setup on Finite Difference Time Domain Computational Simulation of Human Cornea Exposed to Millimeter Wave Radiation at above Frequencies at 30 GHz.Sensors.2022; 22(15):5924. 

リファレンスを見る

セルフリーmmWave大容量MU-MIMOアップリンクのためのビームアライメント

ミリ波(mmWave)セルフリーのマッシブ・マルチユーザ(MU)多重入力多重出力(MIMO)システムは、mmWave周波数で利用可能な広い帯域幅と、セルフリー・システムの改善されたカバレッジを兼ね備えています。しかし、mmWave周波数での高いパスロスに対抗するためには、ユーザー機器(UE)は意味のある方向、つまり近くのアクセスポイント(AP)に向けてビームを形成する必要があります。同時に、MU干渉を低減するために、複数のUEは同じAPへの送信を避ける必要がある。彼らは、セルフリーのmmWaveマッシブMU-MIMOアップリンクにおけるビームアライメント(BA)のための干渉を考慮した方法を提案している。このシナリオでは、APはフルデジタル受信ビームフォーミングを行い、UEはアナログ送信ビームフォーミングを行う。商用レイトレーサーによる現実的なmmWaveチャネルを用いて本手法を評価し、MU干渉を考慮しない方法と同様に、無指向性伝送に対する提案手法の優位性を示した。

mmWaveユーザー中心セルフリー大容量MIMOシステムにおけるビームアライメント 2021 IEEEグローバル通信会議(GLOBECOM)2021
S.ブッツィカルメン・ダンドレアマリア・フレシアシャオフェン・ウー

リファレンスを見る

超高エネルギー粒子検出器BEACONプロトタイプの設計と初期性能

COsmicニュートリノ用ビームフォーミング高架アレイ(BEACON)は、地球における超高エネルギーのタウニュートリノ反応によって生成される上昇気流からの電波放射を検出するために計画されたニュートリノ望遠鏡である。この検出メカニズムは、宇宙ニュートリノのタウフラックスの測定を提供する。彼らは2018年から稼働しているバークロフト・フィールド・ステーションの高所に8チャンネルのプロトタイプ装置を設置し、30〜80MHzに感度を持つ4つの二重偏波アンテナで構成され、その信号はカスタムデータ収集システム(DAQ)を使ってフィルタリング、増幅、デジタル化され、ディスクに保存される。BEACONプロトタイプは、有効体積を最大にするために高い高度にあり、トリガーレベルでの人為的背景雑音の除去を改善するために指向性ビームフォーミングトリガーを使用している。ここでは、BEACONプロトタイプ装置の設計、構造、校正について述べる。また、測定器によって観測された電波環境について議論し、宇宙線候補事象を含む、測定器によって観測された事象の種類を分類する。

高エネルギーニュートリノの電波検出のための干渉計トリガーアレイの設計と性能,Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section A: Accelerators, SpectrometersDetectors And Associated Equipment 2019.

リファレンスを見る

磁気共鳴アプリケーション用コイル・インダクタンス推定の実践ガイド

本論文では、高速なコイルプロトタイピングプロセスを可能にする、コイルインダクタンス推定に関する2つの異なる手順について説明し、比較する。最初の方法は、準静的近似の計算に基づくもので、RFコイル導体の断面形状が全インダクタンスにどのような影響を与えるかを調べることができ、さまざまなコイル形状に対して容易に計算することができる。第二のアプローチは、有限差分時間領域(FDTD)アルゴリズムに基づく数値全波法を使用し、マルチエレメントフェーズドアレイの場合を含む、あらゆる複雑な形状のRFコイルのシミュレーションを可能にする。広い磁場範囲(0.18-7 T)で動作するRFコイルについて、ワークベンチ測定との比較により、解析結果と数値結果の両方が検証された。

Giovannetti G, Frijia F, Flori A, Galante A, Rizza C, Alecci M. A Practical Guide to Estimating Coil Inductance for Magnetic Resonance Applications.Electronics.2022; 11(13):1974. 

リファレンスを見る

IoTウェアラブルデバイス向け完全テキスタイルデュアルバンドロゴアンテナ

本稿では、IoTウェアラブルデバイスへの応用を目的とした、反射板と一体化した完全テキスタイルデュアルバンドロゴアンテナを提案する。提案するアンテナの放射素子は、アクセサリーに目立たないように組み込むために、サウスウエスト大学「ネオフィット・リルスキー」のロゴを模倣した形状になっている。ウェアラブルアンテナからの放射を低減し、近くの物体からの負荷効果に対する堅牢性を向上させるため、反射板が繊維基板の反対側に取り付けられている。つのアンテナプロトタイプを製作し、自由空間と3つの異なる物体(人体、ノートパソコン、ラップトップ)でテストした。さらに、関心のある2つの周波数範囲において、25~38%と62~90%の放射効率を達成した。さらに、反射体により、人体ファントムの10gの質量を平均した最大局所比吸収率は、2.4GHzで0.5182W/kg、5.47GHzで0.16379W/kgに等しいことがわかった。さらに、実世界で使用されるオフボディシナリオの信号強度インジケータとパケットロスを収集する測定キャンペーンの結果から、バックパック一体型アンテナプロトタイプが高品質のオフボディ通信チャネルを形成できることが実証された。

Atanasova GL, Atanasov BN, Atanasov NT.IoTウェアラブルデバイスのための完全テキスタイルデュアルバンドロゴアンテナ。Sensors.2022; 22(12):4516. 

リファレンスを見る

位相差検出アルゴリズムと適応的身体モデルによるワイヤレスカプセル内視鏡位置決め

ワイヤレスカプセル内視鏡は、人間の消化管の写真を撮影・送信し、医療診断に使用される。カプセルの位置から病変部位を正確に特定することができる。これは、カプセルから受信した電磁波のパラメータを分析することで実施できる。人体は無線信号の伝播に影響を与える複雑な異種環境であるため、受信電力レベルに基づいて送信機と受信機の間の距離を決定することは困難である。本論文では、無線信号位相差検出アルゴリズムを使用して内視鏡カプセルの位置を特定する拡張アプローチを示す。各カプセルの位置に対して、この技術は人体モデルの誘電率の適応的推定を使用する。このアプローチは、数値的な異種人体モデルを用いたRemcom XFdtdソフトウェアによるコンピュータシミュレーションと、物理的なファントムを用いた測定によりテストされた。

Oleksy P, Januszkiewicz Ł.位相差検出アルゴリズムと適応ボディモデルによるワイヤレスカプセル内視鏡ローカライゼーション。Sensors.2022; 22(6):2200. 

リファレンスを見る

3.0GHz高周波電磁場曝露に伴う海馬一次ニューロンの興奮性の変化

Exposures to radiofrequency electromagnetic fields (RF-EMFs, 100 kHz to 6 GHz) have been associated with both positive and negative effects on cognitive behavior. To elucidate the mechanism of RF-EMF interaction, a few studies have examined its impact on neuronal activity and synaptic plasticity. However, there is still a need for additional basic research that further our understanding of the underlying mechanisms of RF-EMFs on the neuronal system. The present study investigated changes in neuronal activity and synaptic transmission following a 60-min exposure to 3.0 GHz RF-EMF at a low dose (specific absorption rate (SAR) < 1 W/kg). The authors showed that RF-EMF exposure decreased the amplitude of action potential (AP), depolarized neuronal resting membrane potential (MP), and increased neuronal excitability and synaptic transmission in cultured primary hippocampal neurons (PHNs). The results show that RF-EMF exposure can alter neuronal activity and highlight that more investigations should be performed to fully explore the RF-EMF effects and mechanisms.

Echchgadda, I., Cantu, J.C., Tolstykh, G.P.et al.3.0GHz高周波電磁場曝露後の一次海馬ニューロンの興奮性の変化。Sci Rep12, 3506 (2022). 

リファレンスを見る

5Gワイヤレスシステムに適用する導電性材料製ヘッドカバーのシールド特性の解析

本稿では、第五世代通信システムの基地局放射に適用した場合、「アルミホイル帽子」が実際にどの程度有効であるかを示す。第5世代無線システムで使用される周波数におけるシールド特性の観点から、これらの保護具の有効性に関する調査結果を紹介する。研究はコンピュータ・シミュレーションに基づいて行われた。有限差分時間領域法を利用したRemcom XFdtdソフトウェアとヘッドの数値モデルを適用し、導電性ヘッドカバーのシールド特性に関するデータを取得した。その結果、箔ヘッドカバーの場合、頭部領域における電力密度の最大低減係数は約50%であることが判明した。

Januszkiewicz Ł.5Gワイヤレスシステムへの導電性材料製ヘッドカバーのシールド特性の解析。Energies.2021; 14(21):7004. 

リファレンスを見る

ダイポールベンチマーク問題を用いた進化的アルゴリズムによるウェアラブルマルチバンドアンテナの設計最適化

本論文では、第5世代ワイヤレスシステムだけでなく、セルラーシステムや免許不要帯域での使用に適したウェアラブル4バンドアンテナの最適設計を紹介する。アンテナの設計は、アンテナ設計に適した最適化アルゴリズムの入念な研究に依存している。著者らは、異なる最適化アルゴリズムを比較するためのベンチマーク問題を提案した。事前に計算されたデータを使用して、最適化ルーチンのパラメータを調整し、ベンチマークで最適なパフォーマンスを実現しました。その後、4バンドのウェアラブル・アンテナの形状を最適化した。最適化プロセスでは、人体の簡略化モデルとともにFDTD法を使用した。アンテナ設計は、製作されたプロトタイプで評価された。

JanuszkiewiczŁ、Barba PD、Kawecki J. ダイポールベンチマーク問題でチューニングされた進化アルゴリズムを用いたウェアラブルマルチバンドアンテナの設計最適化。Electronics.2021; 10(18):2249. 

リファレンスを見る

10.5テスラにおける頭部イメージング用8チャンネル放射アンテナアレイの評価

この論文では、10.5テスラ(T)のヒト頭部磁気共鳴イメージングに焦点を当て、8チャンネルのトランシーバーダイポールアンテナアレイを構築し、同軸給電ケーブルの影響を評価した。同軸給電ケーブルの影響はシミュレーションで評価され、送信磁場(B1+)と比吸収率(SAR)効率の点で物理的に構築されたアレイと比較された。給電位置の検討のため、センター給電ダイポールアンテナアレイと2つの8チャンネルエンド給電アレイ(モノポールおよびスリーブアンテナアレイ)を比較した。ファントムを用いたシミュレーションの結果、これらのアレイはダイポールアンテナアレイに比べてSAR効率が約24%高いことが示された。人間の頭部モデルでは、8チャンネルモノポールアンテナアレイのSAR効率は、ファントムと比較して30.8%低いことが観察された。

Woo MK, DelaBarre L, Waks MT, Park YW, Lagore RL, Jungst S, Eryaman Y, Oh S-H, Ugurbil K, Adriany G. Evaluation of 8-Channel Radiative Antenna Arrays for Human Head Imaging at 10.5 Tesla.Sensors.2021; 21(18):6000. 

リファレンスを見る

人間の耳への30、60、90GHzパルス放射の浸透に関するコンピューター・シミュレーション研究

自動車レーダー、5Gセルラーネットワーク、無線ローカルエリアリンクなど、30~90GHzの周波数帯を使用するアプリケーションへの関心が高まっている。本研究では、計算ファントムを用いて、人間の外耳道と鼓膜への30~90GHzのパルス放射の侵入を調査した。

リファレンスを見る

0.45THzにおける正常ヒト皮膚の計算化学的吸収・反射研究

テラヘルツ(THz)周波数放射を使用するアプリケーションは、必然的に人体への被曝の増加につながる。0.45テラヘルツにおける薄皮のパワー密度と比吸収率(SAR)シミュレーションによると、エネルギーの大部分は棘層上部で吸収され、温度上昇は棘層下部で最大となる。有棘層と基底層の境界には、局所平均より100%SARが上昇する領域がある。死んだ角質層は、厚い皮膚の下の組織を保護している。反射研究は、鋭角と偏光入射放射線の使用が糖尿病性神経障害の評価を高める可能性を示唆している。

リファレンスを見る

10.5テスラにおける頭部MRIアプリケーションのための16チャンネルループおよびダイポールアレイの最適化とシミュレーション 

10.5テスラでの頭部MRIアプリケーションのために、8組のループアンテナとダイポールアンテナを積層した16チャンネルアレイのシミュレーションを行った。Remcom XFdtdを使用して,ループ素子とダイポール素子の間の空間を変化させながら誘電体負荷でモデル化したループ素子とダイポール素子の間のアイソレーションを計算した.ループ-ダイポールアレイアセンブリは、頭部形状の誘電体ファントムを用いて、候補となる素子構成についてシミュレーションされた。

リファレンスを見る

二輪車搭載ホイップアンテナ設計用簡易モデル

自動車を運転する場合、外部アンテナは車体によって同乗者から静電的に遮蔽されている。オートバイに乗る場合は、そのような遮蔽物が存在しないため、ライダーがオートバイに搭載されたアンテナの特性に影響を与える可能性がある。そのため、アンテナと人体との相互作用を考慮する必要がある。本論文では、ライダーの身体がオートバイのアンテナに与える影響を解析する簡単なモデルを提案する。145MHz帯における放射特性と、取り付け位置が反射係数に与える影響を、XFdtdソフトウェアを用いてシミュレーションした。得られた値を測定値と比較する。

リファレンスを見る

5Gウェアラブル機器向け高性能MIMOアンテナ

本論文では、中国の3.3-3.6および4.5-5GHzの5G無線周波数割り当てをサポートするために、ウェアラブルデバイスアプリケーション用のデュアルバンド2×2 MIMOアンテナを紹介する。単一のアンテナユニットは、モノポール・モードと折り返しループ・モードで構成され、これらの2つの帯域をカバーするために単一のフィードを備えている。スマートウォッチサイズのPCB(40×40mm2)の上面と下面に配置された2つの同じアンテナを使用して、MIMO性能を実証した。XFdtdによるシミュレーションの結果、これらのMIMOアンテナは、両帯域において85%以上の効率、17dB以上のアイソレーション、0.02の相関係数を達成できることが示されました。

リファレンスを見る

MRI検査中の胎児の高周波エネルギー吸収の計算評価

本研究では、3つの異なる妊娠月齢(3ヶ月目、6ヶ月目、9ヶ月目)の妊婦と胎児の計算モデルにおける比エネルギー吸収率(SAR)の系統的な解析を行う。数値シミュレーションは、2つの周波数(すなわち、64MHzと128MHz)、2つのコイル直径(すなわち、750mmと650mm)、7つのランドマーク、すなわち、肩、心臓、胸骨、腹部(すなわち、胎児の頭部)、骨盤(すなわち、胎児の胴体)、大腿、膝について行った。入力音源の位置や鳥かごコイル内の妊婦モデルのy位置など、付加的な特徴がSARに与える影響を評価した。

リファレンスを見る

マルチチャンネル高周波コイルを用いた7 Tでのヒトふくらはぎ筋肉におけるプロトン脱離炭素磁気共鳴分光法

C-MRSは骨格筋の細胞代謝を研究するための非侵襲的な方法である。本論文では、ヒトふくらはぎ後部の筋肉におけるH-デカップリングC-MRS用に最適化された7T 3チャンネルCおよび4チャンネルHトランシーバーアレイの開発、評価、および初のin vivo測定を紹介する。開発したコイルアレイは、ファントムおよびin vivoMR実験において、簡略化されたスペクトルパターンを示し、グルコースファントムとヒトふくらはぎの筋肉において、非デカップリングスペクトルとHデカップリングスペクトルの間でS/N比が約2倍向上した。

リファレンスを見る

人体をアンテナとした伝搬特性の評価

本論文では、人体をアンテナとして信号伝送を行う場合の伝搬特性を調べるために、非均質人体モデルを提示した。具体的には、(1)TX電極とRX電極の両方を空中に配置、(2)TX電極を人体に取り付け、RX電極を空中に配置、(3)TX電極を空中に配置し、RX電極を人体に取り付ける、(4)TX電極とRX電極の両方を人体に取り付ける、の4つのシナリオのチャネル利得を、1MHzから90MHzの周波数範囲で数値シミュレーションにより調べた。

リファレンスを見る

GPRアプリケーション用改良型リフレクターバックUWBファットモノポールアンテナ

地中レーダーのような短距離レーダーは、高分解能のために広い帯域幅が必要であり、よりよく浸透するために低い周波数が必要である。このため、アンテナ設計には、低中心周波数で単一指向性のコンパクトなUWBアンテナという制約がある。本論文では、必要な帯域幅全体にわたって単一指向性の放射パターンを得るために、段付き反射器を背負ったファットモノポールアンテナの分数帯域幅を改善することに重点を置いている。本論文では、設計、シミュレーション、実験結果について述べる。

リファレンスを見る

64MHzの高周波MRIボディコイルから発生する電磁場の評価:敗北と精度

本研究の目的は、磁気共鳴イメージング(MRI)用バードケージコイルの5つの計算モデルを、精度と計算コストに関して系統的に評価することである。モデルの精度は、周波数応答、電場(||E_20D7||)および磁場(||B_20D7||)の大きさの測定値との比較により、"対称平均絶対百分率誤差"(SMAPE)を用いて評価した。意義:鳥かご型ボディコイルの計算モデリングは、MRI中の高周波による発熱の評価に広く用いられている。数値モデルの実験的検証は、モデルが物理的なコイルを正確に表現しているかどうかを判断するために必要である。

リファレンスを見る

変電所内の複数の部分放電源を分離して特定する新しい方法

本論文では、分離率と局在化精度を向上させるための新しい方法を提案する。つの指向性アンテナを用いて指向性測定プラットフォームを構築する。アンテナによって捕捉された信号の時間遅延(TD)が計算され、プラットフォームを異なる角度で回転させることによってTDシーケンスが得られる。このシーケンスをTD分布特徴で分離し、マルチPDソースの方向を計算する。PD音源は誤差確率法を用いて方向によって位置決めされる。本手法を検証するため、XFdtdにより3つのPDソースを持つシミュレーションモデルを構築した。

リファレンスを見る

現実的な頭部モデルを用いた経頭蓋磁気刺激用コイル設計の検討

、、生体の生育に生育環境が生育環境が生育の生月齢の生齢の生齢の生齢の生長、生育生育生育生育生育生育生育地、生育生育生育生臨床応用を考慮し、TMSにおける3つの異なるコイルの実現可能性を分析する。XFdtdを用いて、現実的な頭部モデルにおける電場、磁場の3次元分布を求めた。生体の生体の生ずる頭部模型を生を生生を生を生を生の生す。

リファレンスを見る

高速データ転送のための広帯域円偏波コンフォーマル内視鏡アンテナシステム

ー915MHz産業・科学・医療(ー902-ー928MHz内視鏡カプセル用。アンテナの厚さはわずか0.2mmで、カプセルの内壁に巻き付けることができる。初期設計とパラメトリック・スタディによる最適化には、単層均質筋ファントムボックスを使用。アンテナの性能を解析し、より実用的なシナリオを実現するために、カプセル内部の構成要素の影響について議論する。、ーRemcom XFdtdシミュレーション環境におけるー現実的なー人体モデルをーアンテナ特性、ーCP純度、ー消化管内臓器別のー臓器別のー臓器別吸収率のー限界値ー臓器別吸収率をー

リファレンスを見る

高磁場マウス心臓MRI用RFコイル形状の性能相互比較

多回転スパイラル表面コイルを平面および円筒状に配置し、高磁場(7.1T)マウス心臓MRIに使用。市販のバードケージは、rSNRにおいて円筒形スパイラルコイルを3~5倍上回る。ンマウス心臓MRIのー高磁場(ー7.1ーマウス心臓MRIのー7.1ー7.1ーマウス心臓MRIのー高磁場MRIー高磁場MRIー高磁場MRIー高磁場MRIー高磁場MRIー

リファレンスを見る

特徴量の最適化と双方向LSTM-GRUに基づく架空送電線の部分放電パターン認識アルゴリズム

部分放電(PD)パターンの認識は、架空線の被覆導体の絶縁診断に不可欠である。現在の研究では、実環境における複雑な背景ノイズに十分に対処できておらず、ほとんどの検出方法は、主に特徴工学やディープラーニングに依存しており、精度と効率の改善の可能性を示唆している。このため著者らは、特徴選択とディープラーニングを統合したPDパターン認識アルゴリズムを提案するに至った。このアルゴリズムは、データの前処理に、特にPDの特性に合わせた離散ウェーブレットノイズ除去関数の設計を組み込んでいる。コロナ放電の特徴を特徴付けるために、ベイズ最適化アルゴリズムと光勾配ブースティング機械を採用している。さらに、マルチスケールクラスタリング特徴と特徴融合のための位相分解特徴を開発し、光勾配ブースティング機械に基づいて洞察的特徴を構築する。最後に、新しいディープラーニングモデルを定式化し、被覆導体における早期故障の卓越した検出性能を実証する。実験結果によると、このアルゴリズムはマシューズ相関係数スコア0.814を達成し、ベースラインアルゴリズムの0.719より13.2%向上し、速度も39.18%向上した。最終的な精度は97.85%である。このアルゴリズムは、導体の絶縁不良の早期検出において卓越した性能を示す。

リファレンスを見る

 

価格をリクエスト

XFdtd プロフェッショナル・サポート 

Remcomプロフェッショナルサポート(RPS)の1年間が各製品に含まれています。ライセンスを維持することで、常にテクニカルサポートを受けることができ、無償で製品のアップグレードを受けることができます!

  • 個人的な配慮:当社のエンジニアに直接ご相談ください。
  • 製品のアップグレード
  • 必要に応じて上層部へのエスカレーションを含む問題解決
  • フリーダイヤルおよびEメールによるサポート

サポートは月曜日から金曜日の東部時間午前9時から午後5時まで。

強調画像

時間を節約し、コストを削減する。

最も複雑な電磁気の課題に対するカスタマイズされたソリューションについては、今すぐレムコムにお問い合わせください。

 
お問い合わせ