車載 VHF アンテナのフィールドに曝露された車の中の人間

この例のプロジェクトファイルを要求するには、ここをクリックします。

この例では、人間の体のモデルは、小型車の運転席に着座し、車の後部フェンダー上の短いモノポールから送信 172 MHz のソースから放射するフィールドにさらされています。本体の SAR とアンテナから放射する電界が表示されます。人間のモデルは、再配置された可視人間のメッシュから Varipose 3つの mm の決断で。車のモデルは、CAD ファイルからであり、簡単に車のすべての表面は、金属と完全に導通であると仮定されています。 

図1に、自動車の CAD ファイルと再配置されたボディメッシュを示します。その後、Remcom の XACT の正確なセル技術メッシュ機能を適用して、1センチメートルのグリッドに車をメッシュします。ボディデータは3つの mm のローカルグリッドにあり、ティッシュ変数はコールコールティッシュモデルを使用して設定される。生成されたメッシュジオメトリを図2に示します。車の後部にあるホイップアンテナは、172 MHz の1/4 波モノポールを作るためにわずかに変更されています。この周波数は、緊急時の応答者や他のオペレータによって使用される車ベースの無線送信機で頻繁に使用される帯域内に収まります。

シミュレーションの後、電界は2つの平面にプロットされます。すべての図について、アンテナへの入力電力は 1 W に調整されています。図3では、フィールドは、車両の前面から背面に伸びるアンテナの XZ 平面にプロットされています。図4では、アンテナとドライバーの頭部の中心を通過する平面内のフィールドが、人物と車両の表示を無効にして示されています。この平面は座標軸に位置合わせされておらず、バージョン7以降の XFdtd でのみ使用できる機能です。 

図 1: 再配置された人間を持つ車の CAD モデル。

図 2: XACT メッシュが適用された、車の中で位置を変えられた人間の XF mesh。

図 3: 車の前後軸と一直線に並んだ平面内のモノポールから放射される電界。

人間の1グラム平均 SAR は、アンテナのフィールドへの曝露から同様に計算されます。図5には、脳の断面を介した1g 平均比吸収率 (SAR) が示されている。図6では、1g の平均 SAR がヒトの断面スライスを介して示されている。sar 分布のラインプロットは、図7に示されているように、1g 平均 SAR が、シートから運転者の頭部の上部までの垂直線にプロットされている場合もあります。

図 4: 電気フィールドは、モノポールとドライバーの頭の中心の両方と交差する平面にプロットされます。

図 5: ドライバーの頭部のスライスにプロットされた1g 平均 SAR。