«ワイヤレス InSite の機能に戻る

通信システム解析

ワイヤレス InSite の通信システムアナライザは、レイトレーシングチャネルモデリングシミュレーションの結果を使用し、後処理の計算を適用して、さまざまな通信メトリックを予測します。 これには、SINR、スループットと容量、ビットエラー率、および各レシーバポイントに対して最もパフォーマンスの良いベースステーションを識別し、システム全体のカバレッジ全体を提供するサマリー結果が含まれます。 mimo ライセンスを持つユーザは、通信解析を実行する前に、チャネルを拡張したり、複数のデータストリームを作成したりするために適用できる多数の mimo 技術から選択することができます (下記参照)。 

分析のための通信システムの設定

無線 InSite では、通信システムはトランスミッタとレシーバセットの集合です。 トランスミッタはベースステーションを表し、レシーバセットは、フィールドマップグリッド、個々のポイントのユーザ機器 (UE)、またはルートに沿った位置を表すことができます。 システムには、一般に、分析されているネットワークの一部ではないが隣接セル干渉によってそのパフォーマンスに影響を与える可能性がある隣接セルからの基地局を表すために使用される干渉源も含まれます。

通信システムが設定されると、ユーザーは3種類の一般的な分析から選択してパフォーマンスを評価できます。

  • スループットと容量

  • ビット誤り率 (BER)

  • ノイズおよび干渉解析

mimo ライセンスを使用しているユーザには、通信解析を開始する前に mimo 技術を適用するために実行される追加の計算があります。

干渉およびノイズ解析

分析の最初のステップは、チャネルデータとノイズの仕様を使用して、信号の電力、干渉、およびノイズを決定することです。 ノイズ電力は、ノイズの電力密度、信号帯域幅、および各レシーバの雑音の数値としきい値から決定されます。 干渉は、システム内の基地局からの受信電力と、定義されたシステムの外部にある干渉源 (隣接する基地局) を使用して決定されます。 これらの入力から、アナライザは、スタディ内の各レシーバポイントにおける総ノイズと干渉電力、sn 比 (SNR)、信号対干渉プラスノイズ比 (SINR)、およびその他の関連する多数の数量を決定します。数量。 要約データも収集され、たとえば、各ポイントでの最適な SINR と、その SINR が達成されたベースステーションを決定します。

スループット

ワイヤレス InSite は、帯域幅と SINR からのチャネルのスループットと容量 (理論上の最大データレート) を予測できます。 さまざまなワイヤレスアクセス方法をサポートしています。

  • LTE

  • Wimax

  • 802.11 n、ac

  • ユーザー定義テーブル

ユーザー定義テーブルを使用すると、他のアクセス方法を定義したり、SINR (ベンダー固有の関係) の関数として変調およびコーディングスキームの選択をカスタマイズすることができます。  

ワイヤレス InSite は、3種類の LTE 帯域幅のスループットを計算します。シーンを通るルート (赤線) は、カバレッジにドロップアウトがある領域でのスループット削減の追加の詳細を示します。

ワイヤレスアクセス方式が選択されると、ユーザはキャリアに許可された帯域幅から選択し、アナライザは、文献からのデータ、通信規格からの仕様、および各チャネルの計算された SINR に基づいてスループットを計算します。コミュニケーション分析。

ビットエラー率

無線 InSite はビット誤り率分析のための3つの方法を提供する: 

  • AWGN: 加法的白色ガウスノイズ (AWGN) チャネルを想定

  • 理論的フェージング: レイリーまたはライスフェージングフェージングチャネルを想定

  • 準解析: チャネルの複素インパルス応答の解析に基づいて決定される

ビット誤り率計算は、変調および符号化方式 (例えば、直交振幅変調、または QAM) およびアルファベットサイズ (例えば、64) の選択に大きく依存する。 また、SINR、帯域幅、およびいくつかの方法について、複雑なインパルス応答から導出されるチャネル特性に関する追加の詳細にも依存する。 

4 qam (左) と 256-qam (右) のビット誤り率の比較では、高次変調を使用する場合に、カバレッジ領域の大部分で高い BER が示されます。

MIMO ビームフォーミング、空間多重、ダイバーシティ

ユーザが mimo ライセンスを持っている場合、通信システムに存在する mimo 基地局または UE のオプションとして、多数の mimo 技術が提供されます。 MIMO アンテナを備えたシステムのベースステーションの場合、ユーザは次のいずれかのオプションを選択できます。

  • MRT を用いた適応ビームフォーミング

  • プリコーディングテーブル (ビームフォーミングまたはダイバーシティ技術をサポート)

  • ビームフォーミングなし/プリコーディング

  • 特異値分解 (SVD) を用いた空間多重化

MIMO アンテナを備えた受信機 (UEs) の場合、ユーザーは次のオプションから選択できます。

  • 選択結合 (SC)

  • 等価利得合成 (EGC)

  • 最大比合成 (MRC)

  • 特異値分解 (SVD) を用いた空間多重化

これらの各オプションは、各ポイントツーポイントリンクのための送信機および受信機の MIMO アンテナの空間的な多様性を利用し、各端で指定された技術を使用して性能を高めることを試みるか、または SVD の場合、調整しますリンクの両端。 結果は一般にビームフォーミングか多様性によって SINR を高めるか、または空間的多重化によって複数の平行データストリームを提供する。 スループットと BER の計算は、結果を決定するために各ポイントツーポイントリンクの各結果のデータストリームに適用されます。 見る 無線 InSite における MIMO ビームフォーミング、多重化、ダイバーシチ 詳細については。