アレイ解析

従来の通信システムは、最大スループット (ダイバーシチ) のために、単一のアンテナ設計またはシステム内の異なるアンテナ間の切り替えに依存してきました。 5g は、ビームステアリングを実行するためにアレイを使用することに加えて、これを必要とします。

XFdtd は、アレイ解析機能を提供することにより、5g 設計要件に対応しています。 XF のフルウェーブソルバーは、デバイスのすべての配列の各要素の S パラメータ、効率、および far フィールドを計算するために使用されます。 次に、配列解析ツールは、その情報を使用して、必要なビーム角度のセットに対する各要素のフィードのフェーズを最適化します。 その後、1つ以上の配列に対して累積分布関数 (CDF) プロットが生成され、デバイスのパフォーマンスの合計メトリックが得られるようになります。

アレイ解析ツールのドキュメントを参照してください。