«ワイヤレス InSite に戻る | 機能へのジャンプ

ワイヤレス InSite バージョン

ワイヤレス InSite 機能

さまざまなニーズに対応する複数のバージョン

ワイヤレス InSite 標準

高忠実度の2次元および3次元のレイトレーシングに基づく伝播モデルのスイート。都市および屋内無線、およびより長い範囲の農村の適用を支える。

ワイヤレス InSite プロフェッショナル

高速レイベースおよび経験的モデルを使用して、標準バージョンの高忠実度モデルをバンドルします。拡散散乱、最適化 (APG)、および選択したモデルの Api が含まれており、ユーザーはカスタムアプリケーションを開発できます。

ワイヤレス InSite MIMO

Mimo アレイビルダー、最適化された MIMO シミュレーション、スループットと通信解析、チャネル結果アナライザなど、MIMO 機能を備えたプロフェッショナルバージョンの機能をバンドルします。MIMO チャネルデータをキャプチャし、ビームフォーミング、空間多重、およびダイバーシティ技術を適用して、複数の MIMO ストリームからのパフォーマンスを向上させ、スループットを予測します。

モデリング機能

  • 忠実度と実行時間の範囲にまたがる伝播モデルのスイート:

  • 屋外、屋内、屋内外、屋外から屋内までのアプリケーションをモデル化

  • 密集した都市から荒い、開いた地勢への環境の範囲、

  • 複雑な環境でのマルチパス伝搬の完全な解析により、アンテナ、偏波、位相をシミュレート

  • Mimo 技術をシミュレートし、従来の MIMO アンテナを大規模な (大規模な) MIMO アレイまでサポート

  • 通信アナライザは、干渉、SINR、スループット、容量、およびビットエラー率を計算します。

  • MIMO 出力を表示、印刷、およびエクスポートするためのチャネルデータアナライザ

標準機能

  • チャネル出力には、受信電力、電界、遅延広がり、到着および出発の角度、電力遅延プロファイル、およびさまざまな放射線ハザード量が含まれます。

  • 通信分析出力には、SINR、ビット・エラー率、スループット、容量、およびその他の通信メトリックが含まれます。

  • 計算は完全な分極および位相情報の3D アンテナパターンを使用する

  • 時間と周波数のドメイン出力を生成

  • 通信システム解析ツールを使用して、カバレッジの停止を識別します。

  • 標準フォーマットからの都市建物データ、フロアプラン、地形、土壌や植生のインポートをサポートしています

  • マップ、航空写真、および建物と地形の3D 表示のオーバーレイ出力

ハイパフォーマンスコンピューティングとアルゴリズム最適化

  • X3D レイモデルの GPU アクセラレーションとマルチスレッド

  • モデリングスイート全体にわたる多数のレイトレースの最適化

  • スレッドセーフなワイヤレス InSite マルチスレッド API アプリケーションのリアルタイム

  • 複数のプロセッサにまたがるいくつかのモデルの実行方法

アンテナモデリング

  • 個々の点、軌道 (ルート)、円弧、平面サーフェス (垂直または水平)、円柱サーフェス、または球形サーフェスを使用して定義されたトランスミッタ/レシーバセット

  • 空中および衛星ベースの送信機をモデル化するための平面波源

  • 多数の作り付けのアンテナタイプ

  • アンテナファイルのインポートによる垂直、水平、円偏波解析アンテナ、または複雑な偏波

  • 大規模な (大規模) アレイを含む MIMO アンテナのサポート

  • 個々の要素から構成されるフェーズドアレイ

  • からインポートされた Far ゾーンパターン XFdtd

  • ユーザ定義の2カット平面アンテナ放射パターン

  • アンテナパターンのインポート: 無線 InSite は、オデッセイ、MSI プラネットからアンテナパターンデータを読み込むことが可能であり、 XFdtd ファイル。また、ワイヤレス InSite には独自のアンテナパターンファイル形式があり、ユーザーがユーザ定義のアンテナパターンを作成することができます。

MIMO 計算

  • 最適化された計算により、大規模 MIMO アレイのチャネルデータを決定

  • 任意のパターン、回転、間隔を持つ MIMO アレイを構築するためのアレイビルダ。必要に応じて、フルウェーブソルバーまたはその他のソースからアンテナアレイをインポートします。

  • Mimo データストリームの信号特性を計算するための MIMO ビームフォーミング、空間多重、ダイバーシチ技術の応用

  • 通信解析では、複数の MIMO ストリームの SINR、スループット、BER、および MIMO チャネルの合計が計算される

  • すべての MIMO 結果を CSV でエクスポートし、さらなるユーザー分析を可能に

幾何学的データ型

  • 都市

  • 地形

  • フロアプラン

  • オブジェクト

ジオメトリデータのインポート

  • DAE のインポート (COLLADA)

  • インポート KMZ (COLLADA)

  • SHP を読み込む

  • インポート STL

  • DXF のインポート

  • インポート STL

  • 地形標高データの DEM、DTED、JDEM、SDTS、ASCII グリッド、TIFF/BigTIFF/GeoTIFF をインポートする

  • TIFF と GeoTIFF のインポート

  • 植生土地被覆のためのグローバル土地被覆特性データベース (GLCC) のインポート

  • 世界のデジタル土壌地図 (DSM) のインポート

  • ラスターからベクターへの変換

ジオメトリの生成と操作

  • 建物の関連付け、単純化、エラーチェックなどの都市のジオメトリ処理

  • 同じジオメトリを使用して複数のスタディを実行する場合の時間短縮のためのジオメトリキャッシング

  • グラフィカルな都市、屋内、地形、樹木の編集者

  • 地形に樹木を合わせる

  • 移動、スケール、回転操作

  • 材料特性の割当

  • 地形・都市特徴の情景切り抜き

材料と環境効果

  • 100 GHz まで拡張した X3D 光線モデルにおける大気吸収

  • 砂、シルト、粘土の割合に基づくビルトインモデルを含む、土壌材料特性

  • 葉および Weissberger モデルのためのユーザー定義の dB/m の損失

  • 薄いコーティングのための許容を含む複数の誘電体層、

  • ユーザ定義の、集計された反射および伝達係数

  • 頻度依存の葉の材料

入出力の可視化

  • ほとんどの出力のカラーディスプレイ

  • ライン描画ツール

  • 極プロットとアンテナパターンの3D 表示

  • 材料による反射と透過係数のプロット

  • 過渡電界のカラー表示

  • 一時的なフィールドと時間の「ムービーシーケンス」

  • 「ムービーシーケンス」を MPEG ファイルにエクスポートする

  • ビューとグラフを JPEG および TIFF ファイルにエクスポートする

伝搬チャネル 出力 

  • 受信電力

  • 伝播パス

  • パスの損失

  • 遅延スプレッド

  • 電界の大きさと位相

  • 電界対時間と周波数

  • 最強の基地からモバイルへ

  • 時刻と到着方向

  • 電力遅延プロファイル

  • ドップラーシフト

  • アニメーションの電界映画

  • 受信電力、パス損失

  • 伝播パスの視覚化

  • 複素インパルス応答

  • 到着方向

  • 出発の方向

MIMO 出力

  • 受信電力とパス損失

  • H マトリックス

  • 複素インパルス応答

  • 到着方向

  • 出発の方向

  • RMS 遅延スプレッド

  • 到着と出発の角度広がり

  • MIMO 通信システムの出力 (下記参照)

通信システム出力

  • 干渉とノイズ

  • 総電力、受信電力で最強のトランスミッタ、最強のトランスミッタ

  • 信号対雑音比 (SNR)、信号対干渉比、信号対干渉プラスノイズ比 (SINR) について

  • 受信信号強度インジケータ (RSSI)

  • 基準信号受信電力 (RSRP、LTE のみ)

  • 基準信号受信品質 (RSRQ、LTE のみ)

  • LTE、WiMAX、802.11 n、802.11 ac、またはユーザ定義プロトコルのスループット

  • 能力 (シャノンハートレイ)

  • ビット誤り率 (BER)

拡散散乱

  • デッリ・ Esposti モデル

  • ランベルト

  • ディレクティブ

  • 後方散乱指令

拡張オプション

  • モンテカルロ

  • 最大許容暴露量 (MPE)-IEEE 標準 C 95.1-2005

  • 分散チャネルモデリング

  • アンテナ、材料、波形のカスタムライブラリ

  • Linux クラスタのサポート