RLD_sm
 

示すレンズデザイナー®

示すレンズデザイナー (RLD) は、示すレンズとその変種の設計、合成、および分析のためのソフトウェアツールです。それは古典的な示すレンズの設計方程式と組み合わされた幾何学光学に基づいています。これは、いくつかの物理的および電気的入力パラメータを与えられた示すレンズの迅速な開発および分析を目的としています。RLD は、適切なレンズコンター、伝送ラインジオメトリ、吸収ポート (ダミーポート) ジオメトリを生成し、パフォーマンスの近似解析を提供し、Remcom にインポートするためのジオメトリファイルを生成します。 XFdtd® さらなる分析および製造のため。

RLD の機能

RLD は、一般的な入力パラメータに基づいてレンズ設計を作成します。特定の設計に対して、広範な出力値が表示される場合があります。主な入力および出力パラメータの一部を以下に示します。

 

入力:

  • レンズの種類-マイクロストリップまたはストリップ線路

  • 線のインピーダンス

  • アンテナの要素間隔

  • 要素数 (最大 128)

  • ビーム数 (最大 128)

  • 最大スキャン角度

  • 軸外 focii 角度を最大スキャン角度の分数として

  • 帯域幅と中心周波数

  • レンズ材料の電気特性-誘電率、損失正接、導電率、誘電体の厚さ

  • 吸収体材料の電気的特性

  • レンズ-焦点距離/直径比の物理的特性

  • 絞り分布

  • ポートフレア角度

出力:

  • レンズ輪郭と伝送線路形状の計算

  • レンズ輪郭に沿った要素の位置

  • 挿入損失 (ビームポートあたり)

  • アレイポートの振幅および位相分布と周波数の比較

  • ビームからアレイへの位相誤差

  • ビームとアレイのカップリングの大きさと位相

  • ビームとアレイ側壁の結合マグニチュード

  • ビームからアレイへの波及結合の大きさ

  • 配列からビームへの結合の大きさと位相

  • アレイからビーム側壁への結合マグニチュード

  • 配列からビームへの波及結合の大きさ

  • すべてのポートの S パラメータ

  • 推奨される焦点距離

  • ダミー要素の数

  • ダミー要素の荷重位置

  • 必要に応じて吸収体の位置

  • 寸法、体積

  • ガーバー形式のファイルは、サードパーティ製のソフトウェアでエクスポートすることができます

  • XFdtd フォーマットファイルは、フルウェーブ分析のためにエクスポートすることができます

  • SAT 形式にエクスポート

学習とドキュメンテーション

応用例

出版 物

ビデオ

パンフレット

RLD の概要

RLD の概要

 

システム要件

  • Windows 2000 または XP

  • Red Hat エンタープライズ Linux 4 以上

  • 1024x768 最小解像度

  • 64MB 以上の OpenGL 準拠のビデオカード